其の四十九 「挨拶」

 みなさん、こんにちは。古賀稔彦です。
昨年、アテネオリンピックが終わり、そして今年の9月、エジプト・カイロで柔道世界選手権大会が
行われます。 その代表選手も4月に決定し、一時休止させていただいておりました「人生一直線」を
再開したいと思います。

内容をリニューアルし、私が生活している中で、印象に残った出来事・感じた事を
お話ししていきたいと思っております。

 さて、全日本強化コーチをしております私は大会・国内外の合宿、
そして講演活動で世界各地を飛び回っております。

先日、講演会の主催者の方が講演前にわざわざ古賀塾にご挨拶にきていただきました。
急だったので少しびっくりしました(笑)。

あいにく私は不在だったのですが、直接ご挨拶にきてくださるという行為だけでその講演会に
対する想いが伝わってきて、期待に応えるべくより良い講演にしようと改めて気を引き締めました。

やはり、人間社会の基本は挨拶だと改めて思いました。
ちょっとした言葉や行動によって、人の心を動かすことができるんですね〜。

 最近、みなさんはご近所の方に挨拶していますか?
一般的に昔より挨拶をしなくなったように思える今日この頃です。

昔は通学中にすれ違う近所の人達によく挨拶をしたり、挨拶をされたものです。
今はそのような光景を目にすることが少なくなりました。物騒な世の中のせいもありますが、
そういったご近所との付き合いが少なくなっていることにちょっと寂しい気持ちになるのは
私だけでしょうか。

私の仕事仲間には隣の人の顔も見たことがないと言った人もいました。これにはビックリです。

スポーツの世界でもそうですが、一般社会では挨拶は基本中の基本です。
挨拶をするとしないとでは、その人に対する印象が大きく変わっていきます。

誰でも元気よく挨拶する人には良い印象を持ち、エネルギーさえも与えてくれたような気がします。
挨拶ひとつであなたの人生が大きく変わるかもしれません。
それぐらい挨拶が人生を左右すると言っても過言ではありません。

ちょっと自分に変化をつけたい方、元気よく挨拶することから始めてみてはいかがですか?
始めはちょっと恥ずかしいかもしれませんが元気よく挨拶するときっと気持ちいいですよ。




(次回更新 6月30日)


「人生一直線」コラム一覧に戻る