其の六十 「女三四郎ありがとう」



最高の笑顔と美しい一本背負いや内股を武器に、
アテネ、北京オリンピック金メダル連覇をした谷本歩実選手が、
沢山の柔道ファンに惜しまれながら引退した。

我々に「これぞ!日本柔道」と思わせた、記録と記憶に残る魅力的な選手でした。
谷本選手とは、全日本女子コーチ時代に出逢い、担当コーチをさせて頂きました。
共に”オリンピックチャンピオン”を大きな「夢」に掲げ、がむしゃらに歩いて来ました。
時として挫折を経験し、スランプで悩み、落ち込むことも多々ありましたが、
その都度、俺達の「夢」はオリンピックチャンピオンだと励まし合いました。
そんな中掴み取ったオリンピックの金メダルは、
私にとっても人生で忘れられない、最高に幸福な一瞬でした。

長い人生の中で、二度も日本国中の期待に見事応えてくれた谷本選手は、
本当に凄い人だと思います。
共に歩ませてもらった谷本選手に、一言エールを贈らせて下さい。
「あなたの歩いてきた柔道人生に胸を張り、誇りと感謝を持って
笑顔いっぱい、更なる柔の道を歩んで下さいね。」

歩実とは…
「どんな壁があったにしても、決して負けずに歩き続ければきっと実となります。」
ありがとう!
女三四郎 谷本歩実選手

2010年10月4日
古賀 稔彦




「人生一直線」コラム一覧に戻る