古賀稔彦の人生一直線



其の七十五 「時を大切に」


皆さんはどんな気持ちで新年を迎えましたか?

私は昨年起きた日本そして世界での震災や洪水などからの
一日も早い復旧復興を願うばかりです。

昨年は自分だけの幸せを思う時代から、
誰かの幸せのために自分に何が出来るかの時代に変わりました。
私は歳を重ねるごとに社会の中における自分の役割は何かを考えることが増えてきました。

皆さんはいかがですか?

私には世界みんなを幸せに出来る力も才能も勿論ありません。
しかしそれを願う思いはしっかりと胸の中にあるのを感じています。
自分一人の力には限界はありますが、どんなに小さなことであっても
「誰か」、「何か」のために、役に立てることは必ずあります。

新しい年を迎えることの出来た私たちの役目として、
地球全体の幸せを願うだけではなく、行動に移す時代になったことを自覚したいと思います。

そして「今、何が出来るか」を皆さんと一緒に実行していく
第一歩を踏み出して行きたいと思います。

さぁ〜それぞれの人生の先にある「希望の光」を見つめながら力強く歩いて行きましょう。


2012年1月6日
古賀 稔彦





「人生一直線」コラム一覧に戻る