〜古賀塾の理念〜

 今の日本に必要なのは「精力善用・自他共栄」の
精神であると思います。この言葉は柔道の創始者
嘉納治五郎師範のお言葉です。

訳すれば
「柔道家たるもの、人として生まれて来たからには
人の役に立ちなさい。そして社会のリーダーとして
世の中に必要とされる人になりなさい。」でしょう。

古賀塾は【教育柔道】と【競技柔道】の両立を目指しております。
どんな人にも生まれてきた役目があると思います。どんなに小さな役目でもいいのです。その人が持っている役目や才能を引き出していくのが古賀塾の役目だと思い取り組んでおります。人と人との絆や優しさなど魅力ある人作りそして柔の心を持った柔道家をしっかりと教育して参ります。

私をはじめ古賀塾先生方の思いは同じく塾生たちにはとにかく柔道が大好きなってもらいたい。そして古賀塾で一生を通しての支え助け合える仲間を作れる場所であってほしいと思っております。

古賀塾は弱い子だって強い子だって小さい子だって大きい子だって男の子だって女の子だって幼児だっておじいちゃんだってwelcomeです。