古賀稔彦

柔道八段
古賀塾塾長
医学博士
IPU環太平洋大学 体育学部体育学科教授
IPU環太平洋大学 女子柔道部総監督
日本健康医療専門学校校長



 

1967年福岡県生まれ、佐賀県出身。
東京・世田谷の「講道学舎」に入門し、
弦巻中学、世田谷学園高時代に数々の全国大会を
個人・団体戦で制覇。

日本体育大学進学後"平成の三四郎"の異名をとり、
世界選手権2階級制覇をはじめ、ソウル、バルセロナ、
アトランタと3度のオリンピックに挑戦している。

1992年のバルセロナ五輪では、大会直前に
左膝内側側副靭帯損傷の大怪我を負いながらも
金メダルを獲得。また、1996年アトランタ五輪では
銀メダルを獲得。

2000年4月、現役を引退し、「指導者」として、
全日本女子柔道コーチを務めるかたわら、
2003年4月からは子供の人間育成を目的とした
町道場「古賀塾」を開塾。

2004年のアテネ五輪では、金メダルを獲得した
谷本歩実のコーチとしても脚光を浴び、
愛弟子を称えた抱擁のシーンは感動を呼んだ。

2007年4月から岡山県のIPU環太平洋大学体育学部
体育学科教授、並びに女子柔道部総監督を務めている。
2010年全日本学生柔道体重別団体優勝大会において
女子柔道部創部4年目で初優勝の快挙、また、
2011年の同大会で2連覇を達成。
2013年全日本学生柔道優勝大会女子5人制でも
2連覇を達成。

2008年、日本健康医療専門学校校長に就任。
2008年4月弘前大学大学院医学研究科博士課程に入学。
2012年3月同大学を卒業し、 医学博士号を取得する。

2014年4月より全日本柔道女子強化委員に就任。



■古賀稔彦公式ホームページ(http://www.kogatoshihiko.jp/


両手を広げて雄叫び


谷本選手と(共同通信社)


全日本学生柔道優勝大会女子5人制2連覇達成

 

 

■経歴

1967年 佐賀県出身。
小1より柔道を始め、中1より東京にある講道学舎へ柔道入門。
2000年 現役引退、全日本柔道女子強化コーチに就任。
2002年 子どもたちに柔道を教える道場「古賀塾」が完成。
2003年 「古賀塾」にて、本格的に次世代の子供たちの育成をはかっていく。
2007年 現在、古賀塾塾長を勤める傍ら、全日本女子強化委員、
東京オリンピック基本構想懇談会委員の活動を通し、
スポーツ界の発展、子供達の将来を考えている。
4月よりIPU環太平洋大学体育学部体育学科、柔道部総監督に就任。
2008年 日本健康医療専門学校 校長に就任。
  4月、弘前大学大学院医学研究科博士課程入学。
2012年 3月、弘前大学大学院医学研究科博士課程卒業。医学博士号を取得。
2014年

4月、全日本柔道女子強化委員に就任。



■主な戦績

●弦巻中学生時代
 全国中学校選手権大会 2年 団体 一位、3年 団体 二位、個人 一位(71kg級)
 
●世田谷学園時代
 金鷲旗大会 2年 団体 一位、 3年 団体 一位
 インターハイ 2年 個人 一位(71kg級)、3年 団体 二位、個人一位(71kg級)
 フィンランド国際大会 3年 個人 一位(71kg級)
 
●その後の実績
 87〜92 全日本選抜体重別選手権 一位(71kg級)
 88〜92 全日本体重別講道館杯 一位(71kg級)
 87 ドイツ世界選手権 三位(71kg級)
 88 ソウルオリンピック 三回戦敗退(71kg級)
 89 ユーゴスラビア世界選手権 一位(71kg級)
 91 スペイン世界選手権 一位(71kg級)
 92 バルセロナオリンピック 金メダル(71kg級)
 95 幕張世界選手権 一位(78kg級)
 96 アトランタオリンピック 銀メダル(78kg級)

古賀稔彦 講演依頼.comのプロフィール